日本の音響メーカーの現状

近年海外ブランドにに圧倒されて数年前にたくさんあった日本の音響メーカーも数が減りつつあるのが現状です。

しかし、日本の製品品質の高さは電子機器だけではなく全てが世界的に有名な技術の賜物です。

日本の職人の手による繊細された製品はその専門の人から見れば大変素晴らしいものです。

例えば長年愛されているメーカーのWM-1220。

テレビや報道の世界で欠かせないマイクです。

そのWM-1220のマイクひとつとっても長く良い音質で拾えるような仕組みが詰め込まれています。

個人的にはマイクは所有していませんが、身の回りではカラオケボックスや講演会や学校の催し物などで使用した経験はあるでしょう。

デザインが似ていたり、素人目からすれば一見違いはわかりづらいかもしれませんが、型番の違うマイクに使われている周波数や仕様はどれも同じものはありません。

型番の異なる一つ一つが微妙に仕様を変えて、場所や使い方によってベストな仕様の製品があり、職人のこだわりが凝縮されているのです。

これからも日本のメーカーは成長し続けるでしょう。

コメントはまだありません

Comments are closed.

RSS feed for comments on this post.